借り入れの審査

借り入れを申し込む場合、銀行・信販会社・消費者金融を問わず、審査が行われます。

その審査の際に心配される方が多いことが、会社への電話ですが、審査の際の電話は、個人名で連絡したり、保険の勧誘などを装って連絡してくれる場合がほとんどですので、基本的には、会社に借り入れの審査を受けていることがバレることはありません。

また、これは家族に知られたくないという場合も同様で、自宅に連絡する時もバレないようにしてくれますので、安心して良いでしょう。

では、審査に通るためには、どのような点に注意すれば良いのかというと、まず、第一に他社での借り入れ総額が多くないことと、借り入れをしている会社の数が多くないことになります。

審査の基準は会社によって違いますので、具体的にいくらまでということや、何社までということは言えませんが、返済が困難と思われてしまうと、審査に通らなくなります。

次に、過去に返済の遅延や延滞などの金融事故がないことです。

こちらは、本人がいくら「それは過去のことで、今は大丈夫」と言っても、やはり確実に返済してくれるという信用に関わりますので、審査に通りにくくなります。

その他に、意外と気を付けた方が良いことが、申込書に記載する「利用目的」です。

この利用目的に「生活費」などを記載してしまうと、毎月の返済ができる可能性が低いと判断されてしまいますので、その月だけ急に必要になったというような内容を記載した方が良いでしょう。