全ての借り入れをまとめる

借り入れをする場合、1件や2件からの借り入れであれば、月々の支払いも問題ないかもしれませんが、車や住宅のローンやキャッシングなど、借り入れの件数が多くなると、月々の支払いも厳しくなってきます。

そのような時に、複数の借り入れをまとめることを考える方も多いでしょう。

借り入れをまとめると、元金の返済額が減るだけではなく、金利も減りますので、月々の返済が楽になり、計画的に無理なく返済ができるようになります。

このような、借り入れをまとめるローンを提供している銀行や、消費者金融も増えてきています。

これは融資する側から見ても、顧客が増え、売上げが上がることが期待できるメリットがあるからです。

しかし、まとめるということは、借り入れの総額が少なくはないということになるので、担保や保証人が必要になることもあります。

また、ほとんどの場合、返済した分を再度借りることは基本的にできなくなっていて、どうしても借り入れが必要な場合は、再度審査を受けなければならなくなります。

このように借り入れをまとめるローンは、今ある借り入れ金を確実に返済する為に利用するものとなっていますので、返済の途中で他社から借り入れをすることは避けるようにしましょう。

まずは、今の借り入れ金をまとめて、計画的に返済して、完済する意思が必要になります。

また、複数の借り入れがあり、その中の1社の金利が低い場合は、新たにおまとめローンを利用するのではなく、その金利が低い会社に、正直に他社の借り入れ件数や金額を伝えて、まとめてもらえるかを相談してみた方が良いでしょう。