銀行での借り入れ

借り入れをする場合、銀行に申し込む方法もあります。

銀行での借り入れは、利率が比較的低いので、利息の支払いが少なくて済むという大きなメリットがあります。

ただし、借り入れの内容によっては、審査が厳しく、担保や保証人が必要になることもあります。

銀行での借り入れは、自動車ローンや住宅ローンなど、使用目的が決まっている借り入れが多くなっていて、その場合、購入資金のみの借り入れとなりますが、近年では、フリーローンやカードローンなどを提供する銀行も多くなっています。

フリーローンやカードローンであれば、基本的に使用目的は自由ですので、消費者金融などでのキャッシングと同じように利用できますし、担保や保証人が不要になっていることも多く、その上で利率も低いことになり、非常にメリットの多い借り入れ方法になります。

ただし、フリーローンやカードローンであっても消費者金融などと比べると、審査は厳しいですし、フリーローンの場合は、返済途中での追加借り入れを希望する場合に、再度審査を受けなおさないといけない場合も多くなっています。

このように銀行での借り入れは、非常にメリットが多い分だけ、審査が厳しく通りにくくなっています。

安定した収入があり、今まで借り入れをしたことがないという方や、借り入れの経験があっても、遅延や延滞なく完済している方、十分な収入がある方や担保・保証人が準備できる方などは、銀行の借り入れでも審査に通りやすい環境にありますので、借り入れを検討する場合は、まず銀行に申し込んでみると良いでしょう。